音大に進学させて

サックスで音大受験するための基礎知識

サックスは高校の吹奏楽部に入ってから始める人も多く、ピアノやバイオリンのように3才から始めなくてもプロを目指せます。

音大受験の準備はできていますか? 先ずは音大受験の基礎知識をチェックしてみましょう。

  • サックス科のある音大の偏差値は低くても、実技試験のレベルは異常に高いかもしれない(偏差値は当てにならない)
  • 専攻実技試験は課題曲と自由曲がある
  • 高校の吹奏楽部では間違った奏法で演奏しているかもしれない(音大受験には通用しない)
  • サックス実技以外の試験科目(副科ピアノ・楽典・聴音・ソルフェージュなど)のレッスンを受ける必要がある
  • 英語・国語・小論文の勉強も必要
  • 専門の先生のレッスンを受ける(可能であれば受験する音大の先生に師事する)
  • 音大受験に見劣りしない楽器を購入する
  • 音大受験はアルトサックスだけ(ソプラノ・テナー・バリトンでは受験できないところがほとんど)
  • 音大・音楽系専門学校は学費が高い(保護者の理解と協力が必要)

なるべく早く志望校を決めて準備しておくことが不可欠です。

志望校を決めないと入試科目も分かりませんから対策の立てようがありません。

ネット検索

サクソフォン専攻 音大の一般入試科目と教員一覧

一般入試以外にも特待生入試、吹奏楽部推薦入試、AO入試などがあります。

専攻科目の実技試験のみの学校もあります。

東京芸術大学 音楽学部 器楽科 サクソフォーン専攻

試験科目・実技課題

大学入試センター試験

個別学力検査、小論文、面接

聴音・楽典・新曲視唱・リズム課題・副科ピアノ

実技試験 課題曲は必須と選択 初見視奏あり

教員

貝沼拓実

桐朋学園大学 音楽部 管楽器専攻

試験科目・実技課題

一般学科(国語・英語)

専門科目(楽典・聴音・新曲視唱・副科ピアノ)

専攻実技

教員

武藤賢一郎

桐朋学園芸術短期大学 音楽専攻管弦専修(管楽器)

試験科目・実技課題

実技試験・楽典試験・聴音試験

教員

彦坂眞一郎

昭和音楽大学 音楽学部 器楽学科 弦・管・打楽器コース

私立 神奈川県

作曲学科サウンドプロデュースコース、 音楽芸術運営学科アートマネジメントコース・舞台スタッフコース・音楽療法コース・ の実技試験をサクソフォーンで受験可能です。

ジャズコース・ポピュラー音楽コースもある

給費生制度・遠隔地出身学生支援奨学金など学費免除の制度が充実しています。無利子貸与の奨学金もあります。

試験科目・実技課題

大学入試センター試験

実技 音階 課題曲(選択)

教員

福本信太郎

本田雅人

有村純親

大森義基

小串俊寿

榮村正吾

田中靖人

野原武伸

松原孝政

武藤賢一郎

近藤和彦

斎藤尚久

洗足学園音楽大学管楽器コース サクソフォーン

ソプラノサクソフォーン、テナーサクソフォーン、バリトンサクソフォーンは、AO入学者選抜および一般入学試験B日程でのみ受験可能

試験科目・実技課題

面接・楽典・聴音・副科ピアノ

実技 スケール 課題曲 自由曲

教員

有村純親

池上政人

岩本伸一

江川良子

榎本貴

大石将紀

大城正司

大貫比佐志

大和田雅洋

貝沼拓実

國末貞仁

鈴木英之

田中拓也

田村真寛

冨岡和男

成田 徹

二宮和弘

服部吉之

林田祐和

原 ひとみ

原 博巳

平野 公崇

フィリップ・ガイス

松井宏幸

宗貞啓二

上野学園大学音楽学部音楽学科器楽コース

試験科目・実技課題

副科ピアノ・音楽理論(楽典)・ソルフェージュ・面接

実技 課題曲2曲と自由曲1曲

教員

彦坂眞一郎

長澤範和

松原孝政

サブコンテンツ

このページの先頭へ